焼津西宮神社

焼津西宮神社は古来代々社守・浅田久太夫、永正5年(1508年)10月20日、摂津国武庫郡(兵庫県西宮市)西宮大神宮より勧請と言い伝えられ、この地に鎮座し、福運主宰の神と称し、遠近の崇拝者に尊ばれたことは、慶長年間に再建の棟札、文化年間に鳥居奉納、当時の社守・浅田久太夫へ本宮西宮神社大神宮より賦与された神職免状の文献等より明らかである。当時は通称地名『新屋(あらや)恵比寿』と称し、駿河記に「入江、新屋夷神社」とあり、「この里焼津市城之腰(海岸通り)と同じく商船の荷を預かる蔵元多く和名抄曰く益津郡新居郷この里にあたる」と記載がある。

焼津西宮神社の宵えびすは11月19日に斎行され御神影・御縁起を拝受される参拝者が、引きも切らず訪れ、深夜まで続きます。叉、沿道に並ぶ御縁起物を商う店も数多く並びます。

講社名称

焼津西宮神社

通称

新屋の恵比寿講(あらやのおいべっさん)

配札情報

本来は、当社社頭頒布のみとすべきところ(19日宵恵比寿)当日社頭での混雑緩和と遠方の皆さんの便宜をはかるため、10月中旬までに、焼津市全体の各家庭に頒布を回覧し、御神影・御縁起品を拝受する。(5,000部の頒布書を作成し町内会を通じて44,000軒の家庭に回覧を依頼し)10月下旬に御神影・御縁起品を持参する。
10月19日の例祭には午後5時頃より午前1時頃まで西宮神社境内は多くの崇拝者で混雑する。

所在地

静岡県焼津市栄町4-3-14

アクセス

焼津市は静岡県のほぼ中央にあり、駿河湾の西側に位置、遠洋漁業では全国一の街として多いに繁栄しております。焼津西宮神社は市街地にあり、JR東海道焼津駅にも焼津漁港にも近くです。

【配布御神影】
えびす様
大国様

更新: