渡御祭(とぎょさい) 

9時から於:西宮市内各所

9時に御本殿で発輿祭を行い、ヨットハーバーに移動した行列は10時半ころ出航。11時ころ御前浜で海上安全を祈る「かざまつり」を行います。なお今年は海上渡御祭 再興20年を記念して全船およそ20隻が神戸 和田岬へ渡御します。

12時20分ころ岬に上陸されたえびすさまのみこしを中心に奉仕者の行列が和田神社に向けて陸渡御を行います。

13時20分から和田神社内の御旅所に到着した神輿に向かい、神饌を献じ、童女の神楽が奉納され御旅所祭が斎行されます。また14時からは浦安神楽、県立西宮高校の若戎獅子舞、南都楽所舞楽、柳原蛭子神社えびす舞が神賑いとして奉納されます。さらに和田神社、三石神社、真光寺、兵庫駅前の柳原蛭子神社に祭員が産宮参りを行います。

※荒天の場合中止し、本殿で祭典のみ執り行います。

発輿祭(はつよさい)

9時於:本殿

9月23日 渡御祭 発輿祭

渡御祭にあたり、御本殿で祭典を行い。拝殿前にて、みこしを中心に行列を組んで出発します。

海上渡御(かいじょうとぎょ)

10時30分頃於:新西宮ヨットハーバー〜神戸 和田岬

9月23日海上渡御

約20隻の船団による海上渡御が出航します。

かざまつり

11時頃於:御前浜沖

9月23日渡御祭 かざまつり
9月23日渡御祭 かざまつり

海上安全を祈願し、海をお祓い致します。

陸渡御

12時40分頃於:和田岬桟橋~和田神社

9月23日 陸渡御

和田岬桟橋~和田神社を神幸します。

御旅所祭

13時20分頃於:和田神社内

9月23日 御旅所祭

御旅所に据えられたみこしの前で、浜脇地区から選ばれた童女の神楽が奉納されます。
※写真は平成21年の御旅所祭の様子です。

産宮参り(うぶみやまいり)

往古、渡御祭の日には、幾隻もの船を旗や幕で飾り、神戸・和田岬へ海上渡御していました。帰路は馬を連ね、陸路を24キロその日の内に帰っており、これを産宮参りと呼んでいました。 本年は、新西宮ヨットハーバーを出発し御前浜沖にてかざまつりを行い、全船で産宮参りとして、和田岬に渡御し、和田神社境内で御旅所祭を行います。その後、祭員が和田神社・三石神社・真光寺・柳原蛭子神社に参拝します。

9月23日産宮参り

和田神社

和田神社の社地は、蛭子の森と称され、かつては西宮神社の御旅所であったと伝えられています。

9月23日産宮参り

三石神社

三石神社の3つの石は、かつて廣田・西宮・浜南宮の3基のみこしを置く場所であったと伝えられています。

9月23日産宮参り

真光寺

西宮神社とのゆかりも深い一遍上人(時宗の宗祖)の御廟所があります。

9月22日産宮参り

柳原蛭子神社

帰路、兵庫駅前の柳原蛭子神社へも参拝します。

還御祭(かんぎょさい)

17時30分頃於:本殿

9月22日還御祭

陸上・海上の神幸を終え、御本殿にお還りになったえびすさまの御神前で祭典を執り行います。

だんじり巡行スケジュール

9月23日だんじり巡行

12時40分〜17時頃

海上渡御祭再興20年を記念し神戸和田岬から和田神社周辺を和田宮だんじり保存会と共に巡行します。

19時  宮入り

(西宮神社周辺での巡行はありません)