正月・十日えびす特設ページ

お知らせ正月・十日えびす特設ページはこちらをご覧ください。

西宮神社は 福の神として崇敬されている えびす様をおまつりする神社の総本社です。

三連春日造(さんれんかすがづくり)と云う珍しい構造の本殿。
江戸時代寛文三年(一六六三)に四代将軍家綱の寄進になる国宝の本殿は、
昭和二十年の空襲により烏有に帰してしまいましたが、昭和三十六年、桧皮葺から銅板葺に変わった他は、
ほぼ元通りに復興され、今は銅屋根も古色を帯び、 えびすの杜を背景に佇んでいます。

向かって右からが第一殿で、蛭児大神を祀り、中央が第二殿、天照大御神及び 明治初年に大国主大神を配祀、
左が第三殿で須佐之男大神を奉斎しています。

天照大御神、蛭児大神、須佐之男大神の三神は日本書紀本文によれば御兄弟の神と 言われています。
大国主大神は式内社・大国主西神社が西宮であるとの謂れから、 明治になって配祀されるようになったと考えられます。

また本殿後方一帯の境内えびすの森は、兵庫県指定の天然記念物となっています。

2018年02月15日

〈百太夫神社 文化芸術講演会のご案内〉を更新しました。

2018年01月21日

〈2月行事案内〉更新しました。

2017年12月18日

〈1月行事案内〉更新しました。

2017年11月27日

〈特別祈祷「福まいり」えびすさまの招福厄除祭のご案内〉を更新しました。

2017年11月18日

〈12月行事案内〉更新しました。