ホーム > 年中行事・祭典> 忌籠、門松、開門神事福男

正月・十日えびす特設ページ 行事案内

 

忌籠、門松、開門神事福男



居籠(いごもり)

一月九日の宵えびす、大勢の人で賑わう中、十日えびすの宵宮祭(よいみやさい)が行われ、深夜十二時にはすべての神門が閉ざされ、神職は居籠(いごも)りに入ります。居籠のことは、室町時代の古記録「足利季世記」などにも記されており、大祭を行う前に身を清め、心を静め、午前四時の十日えびす大祭を厳粛裡に執り行います。暁前に行なう此の祭りは、古代の日本の祭典の形を伝える、数少ない祭りの一つとなっております。
近世以前は、門前の町の人々も家々の門松の松枝を逆さに付け替え、戸を閉ざし筵を垂らして籠り、静かに夜明けを待ち、午前六時を期して開かれる表大門(赤門)より続々と、そして先を争うように参拝していたようです。

逆さ門松

当社の門前町では、古くより十日えびすの宵宮の九日の夜、各家の門口に立ててある門松の枝を逆さにつけかえ、静かに神様をお迎えする風習がありました。昔の門松は、枝葉の着いた大きな斎竹に松を盛り添えて造られており、各家々が通りに面して建てると、通りがせまくなる程であったといわれております。この為、この夜えびす様が神馬にお乗りになって市中を巡行されるのに、松の葉先があたっては大変、と云うことで、この様にしたと伝えられています。
この話に従い、平成二十年の歳末から、えびす様に対する氏子の優しい心を伝えるべく、「逆さ門松(さかさかどまつ)」の伝統を復興し、正月十日えびすの参拝者をお迎えすることにしております。これには当社の分霊社、三田市の西宮神社三田分社より七m程の若竹や松枝の奉納があり、これを拝殿両側に建て、藁を巻き、松枝を約二mの高さから藁縄で括りさげて作っております。

開門神事(かいもんしんじ)

そして現在は、開門を待っていた数千人の参拝者が一番福を目指して二百三十m離れた本殿へ「走り参り」をします。これを「開門神事」と言っております。西宮えびす独特の行事として、大変な熱気に包まれます。

福男(ふくおとこ)

昭和十五年頃から、本殿下へ早く到着した順に一番から三番までがその年の福男として認定されるようになり、現在は認定証・御神像・副賞そして特別の半被が授与されます。


開門神事・福男の副賞
一番福・えびす様の御木像(大)、えべっさんの酒菰樽、えべっさんの米1俵、半被
二番福・えびす様の御木像(小)、えべっさんの米1俵(60kg)、半被
三番福・えびす様の御金像、八喜鯛(焼き鯛)、半被

福男歴代名簿 (氏名のみ)

西暦年 元号年 一番福 二番福 三番福 開門前
人数
備考
1921 大正10 田中太一        
1922 11 田中太一        
1923 12 田中太一        
1924 13 田中太一        
1925 14 田中太一        
1926 15 田中太一        
1927 昭和2 田中太一        
1928 3 田中太一        
1929 4 田中太一        
1930 5 田中太一        
1931 6 田中太一        
1932 7 田中太一        
1933 8 田中太一     200  
1934 9 田中太一     200  
1935 10 田中太一     200  
1936 11       200  
1937 12 田中太一     3,000 記事に昨年を除いて
16回一番とあり
1938 13 田中太一 尾松新之助   3,000  
1939 14 多司馬玖一 多司馬圓之助 田中太一 15  
1940 15 多司馬玖一     300  
1941 16 一家重治 多司馬玖一   300  
1942 17 山本新吉     300  
1943 18 東條洋三 上原平一 上田研蔵    
1944 19 上田研蔵       午前2時より敵国克服、
武運長久の神事あり
1945 20 上田研蔵        
1946 21         参拝者例年の一割程度、
進駐軍も物珍しさに見に来る
1947 22          
1948 23          
1949 24       15  
1950 25       100  
1951 26          
1952 27          
1953 28 市来保男 澤一夫 前田菊次 1,000  
1954 29 谷口真佐夫 丸田郁夫 渡辺恒治    
1955 30 谷口真佐夫 丸田郁夫 藤田晴三 500  
1956 31 内田重喜 谷口真佐夫 藤田晴三 100  
1957 32 村上精一 一山敏雄 福井昭匡 100  
1958 33 村上精一 浅見儀晃 黒木勤 30  
1959 34 村上精一 浅見儀晃 三好竜雄 100  
1960 35 村上精一 三好竜雄 浅見儀晃 150  
1961 36 平井行雄 村上精一 三好竜雄 60  
1962 37 吉井弘 村上精一 平井行雄 50  
1963 38 平井行雄 森岡利郎 上田武司 80  
1964 39 脇本勝次 吉井孝 小西省次 50  
1965 40 福岡重信 善野佳純 岡崎和隆 100  
1966 41       60 認定せず(「静かな」十日戎)
1967 42       2 認定せず(「静かな」十日戎)
1968 43 東島義哲 保住功夫 大沢広太郎 300  
1969 44 東島義哲        
1970 45 東島義哲     200  
1971 46 坪田正弘     350  
1972 47 東島義哲 伊藤徹 伊藤彰哲 350  
1973 48 豊岡政希 万容窪一 河字義一 160  
1974 49 豊岡政希 松本庄司 東島義哲 250  
1975 50 豊岡政希 山本章博 清水種夫    
1976 51 原田稔 谷村和己 三村繁 300  
1977 52 谷村和己        
1978 53 谷村拓士 谷村和己 谷村正典 300  
1979 54 西上喜代松 谷村和己 豊岡政希 300  
1980 55 西上喜代松 寺田春正 駒井賢治 350  
1981 56 花房孝 吉川泳治 数藤美洋 150  
1982 57 佐藤津良 中村稔 寺田春正 300  
1983 58 中村稔 田中哲夫 佐藤津良 200  
1984 59 越川英明 岩崎雅 山本幸二 300  
1985 60 西重樹 江原貴志 森村靖之 200  
1986 61 都藤将伸 江原貴志 井上宣昭 200  
1987 62 陰山誠一 本田勝一 後藤圭司 200  
1988 63 本田勝一 生田一夫 江原貴志 200  
1989 平成元 本田勝一 江原貴志 時本安則 300  
1990 2 本田勝一 横田敦史 有井直樹 260  
1991 3 和田真 森本晋由 丸下史洋 340  
1992 4 関根幸二 岡本豊 隠岐卓彦 345  
1993 5 森本晋由 古瀬雄司 浜崎智生 450  
1994 6 森本晋由 善斉健二 古瀬雄司 500  
1995 7 森本晋由 善斉健二 井浦健司 700  
1996 8 善斉健二 森本晋由 嶋田葵 650  
1997 9 善斉健二 平尾亮 森本晋由 900  
1998 10 吉田光一郎 平尾亮 大喜田洋一郎 1,200 この年あたりから
開門を待つ人急増す
1999 11 相馬聡 善斉健二 常松治郎 2,000  
2000 12 吉田光一郎 善斉健二 石田博康 1,500  
2001 13 善斉健二 嶋屋昌芳 中村昌泰 1,300  
2002 14 吉田光一郎 石田博康 中村昌泰 1,500  
2003 15 中村昌泰 石田博康 平慶彦 2,000  
2004 16 平慶彦(辞退) 榮悠樹 石田博康 2,000  
2005 17 石田博康 堀尾泰寛 大迫純司郎 2,000 開門前に場所取りをせず、
開門神事保存会が前夜に
「くじ」を実施
2006 18 粂良太 吉田光一郎 奥村康三 2,000  
2007 19 粂良太 奥野始 東井重樹 2,000  
2008 20 榮悠樹 吉田光一郎 奥野始 2,500  
2009 21 外山哲 大迫純司郎 小藤昇 6,000 閉門後 南門外で
全員がくじ引きを行う
2010 22 南  英俊 中居 正太郎 藤本 貴士 6,000 1500名に限りくじ引き
2011 23 竹本 稜平 大越 啓迪 外山 哲 3,000 開門前人数は直前には
5000人以上になった
2012 24 福田 裕矢 景山 浩規 西  慶祐 3,000  
2013 25 土井 雄登 吉村 健太郎 池野 昌弘 4,500  
2014 26 京田 世紀 畑中 悠志 岸本 貴文 5,000  
2015 27 志和 智徳 小池 裕也 石田 晃希 5,000  
2016 28 水田 道成 丹羽 孝之 松下 彰太 6,000