1月9日宵えびす

有馬温泉献湯式
1月9日(水) 午後2時
場所: 拝殿
日本最古の名湯として知られる有馬温泉から金泉(きんせん)が奉納され、有馬温泉の旅館街の繁栄が祈願されます。
授与所開設時間
授与品について、詳しくは、こちら→
午前8時~午後12時
(10日は午前6時〜午後12時)
大国主西神社、あらえびす神社の授与所は午前8時〜午後11時)
参拝時間
午前5時~午後12時
(10日は午前6時〜午後12時)
ご祈祷受付(於:社務所)
午前8時~午後10時50分
(10日は午前6時〜午後10時50分)
ご祈祷について、詳しくは、こちら→
お神楽受付(於:祈祷殿 北西口)
午前8時~午後10時50分
(10日は午前6時~午後10時50分)
神池より祈祷殿にお入りください。
お神楽受付場所案内地図
お神楽について、詳しくは、こちら→
十日えびす芸能鑑賞 (於:神社会館)
アンサンブルレインボー「大正琴(琴伝流)」鑑賞
午前9時半・10時半・11時半
十日えびす芸能鑑賞 (於:神社会館)
八多獅子舞講「八多獅子神楽」鑑賞
午後2時・3時・4時・6時・7時
十日えびすの境内マップ

車いす等でのご参拝の方へ

西宮神社の正月・十日えびす

全国のえびす神社の総本社である西宮神社は、古くより篤い崇敬を受け、特に室町時代以降は「えびす・だいこく福の神」といわれるように、えびすさまが福の神の代表となり、そのご神徳は人形操りや謡曲、狂言などの芸能を通して全国津々浦々にまで広まっていきました。

正月初詣の参拝者は約50万人を数え、1月10日を中心に9日から11日までの3日間斎行する「十日えびす」は、阪神間における最大の祭典として広く全国に知られ、約100万人に上る参拝者で賑わいます。

  • 十日えびすの賑わい
  • 開門神事福男選び
  • 福笹の授与
  • 招福大まぐろ
  • 吉兆店